おしゃれな暖房Aladdin(アラジン)グラファイトヒーター レビュー

※本日からブロックエディタ(Gutenberg)で書いていきます。

今回は寒い時期には必要な家電。暖房器具のご紹介記事です。

世の中には様々なメーカの暖房器具が発売されており、結構調べてこの家電を選択しました。選択するにあたっての根拠や使ってみての感想などをご紹介したいと思います。

目次

Aladdin(アラジン)はどこの会社?

公式HPによるとルーツは以下のようです。

1919年
英国アラジン社設立
・米国アラジン社と英国の企業家ジャック・インバー氏との間に合弁会社「英国アラジン社」設立。

・英国にて、インバー・リサーチ社を新たに設立。ブルーフレーム石油ストーブの研究開発に着手。

・アラジンブルーフレームの原型「I.R」完成。

・インバー・リサーチ社を英国アラジン社に合併。
 著名ブランド”アラジン”をこの商品につけ、「アラジンブルーフレーム」とした。

・世界各国にアラジン社設立。日本でもディック家庭機器株式会社(旧、日本アラジン社)設立。

出典:アラジン公式HP(以下リンクを参照)

上記の通りはじまりは海外ですが、日本エー・アイ・シーがブランドの権利を譲り受けて、現在にいたるまで登録商標などを保有している。とのことです。(こちらはWiki情報)

おしゃれブランドで英国感強めですが、実は1978年から国内生産になっていたりするらしい。(これもWiki情報)

主力製品はヒーター(特にBlue Flame Heater)やトースターといったところで、どれも味があるハイテク感満載というよりかは、雰囲気があふれるおしゃれレベルが高いものです。

ブルーフレームヒーターはおばあちゃんちにあるような青色の炎で部屋を暖める石油を燃料としたものです。

本当におしゃれなのでぜひ公式サイトでご覧になってみてください。

グラファイトヒーターを選んだ理由

そもそもグラファイトヒーターとは何か

カーボンヒーター
不活性ガスに封入された炭素繊維(カーボン)を用いるもの。グラファイト(グラフェン)を用いたものは特にグラファイトヒーターとして売られている。

放射スペクトルに遠赤外線を多く含む。この領域の波長は水の吸収スペクトルのピーク(3μm付近)とオーバーラップするため、含水率の高い物体(人体など)を効率よく加熱できる。

出典:Wikipedia

Wikiにはカーボンヒーターでヒットしましたが、要するにグラファイトという炭素素材を暖めると高効率で温めることができるよっていうことです。

今回アラジンのヒーターの中でも、一押しのブルーフレームヒーターを買わずに、グラファイトヒーターという製品を選んだかってところは火事が怖いという単純な理由です。いくらおしゃれでも炎には変わりないので、炎がでないタイプで探しました。

他にもセラミックヒーターと呼ばれる石油ファンヒーターの電気バージョンみたいなものを選択肢には上がりましたが、石油ほどパワーがないうえに即暖性にかけ、電気代だけ消費する思いをしたことがあるため、このような選択となりました。

製品の外観

製品は以下のとおりおしゃれな魔法のランプ柄の堅牢な段ボールに入っており、開けると土台と本体が分かれて入っております。

組み立て自体は非常に簡単なので5分もあればできると思います。

組み立て後は以下です。

aladdin
全体(カラーは上質なグリーン)

灯を灯すと

aladdin
結構眩い(最高出力900W)

操作パネルは上部についておりとにかくシンプル構造

aladdin
パワー切り替え・タイマー・首振りの3ボタンのみ

電源ボタンというものはなく、パワー切り替えを1メモリ回すと灯がともります。

900W~250Wまで50W単位で出力は変更可能。タイマーは30分単位です。

詳細な製品スペックは以下です。(公式HPより引用)

型番CAH-1G9B(G)
消費電力900W
電力切替900W/700~250W
コード長1.8m
寸法W300×D300×H884[mm]
質量約3.5kg
ヨドバシ.com価格¥19,250(税込) ※2020/10時点
製品スペック表

実際に使用してみての感想

グラファイトヒーターってのを使ったことないですが、温まるまでがめちゃくちゃ早いです!!!

おそらく1秒はかかっていないです。一瞬っていう感じで即温まります。これはもし店頭で触れるなら試してほしいくらい一瞬であつっ!ってなります。ただのおしゃれアイテムではなく、しっかり性能面で応えてくれます。

起動中の音も一切しないといってもいいレベルで静穏性は高いです。

部屋を暖めることについては一切の期待をしていなくて目の前だけ温かいものだろうと思っていましたが、6帖の部屋であれば空間を暖めることが可能でした。

ただ、一方でデメリットを述べるとするならば、12帖のリビングでは空間を暖める力は皆無です。そういった期待を持ってこの製品を選ぶのはナンセンスでしょう。また、価値観によってはこの価格面もデメリットになりえるかもしれません。

まとめ

今回は冬を乗り切るための相棒としてAladdin(アラジン)のグラファイトヒーターCAH-1G9B(G)についての製品レビューでした。正直自分にはおしゃれすぎるのではと思うくらいの製品です。価格はちょっと高かったけど、満足度は高いので、火を使いたくない小さなお子様やペットがいる家庭での暖房器具としては良いのかなと。

ぜひ冬を乗り切るために、アラジン試してみてもいいと思いますよ。最後にアラジンの公式HPのコメントをご紹介してしめます。

ひとつのランプからはじまった、魔法

Happy with Aladdin Magic!

※アラジン公式サイトより引用

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share
目次
閉じる