ココマイスターの財布を4年使った感想・評価

今回はココマイスターの財布を4年間使った者目線でのレビューです。

あるときヴィトンのようなハイブランドメーカよりは素材にこだわった製品にシフトして5年。

良い点、悪い点など批評させていただきます。ココマイスターを検討している方の参考になればと。

目次

ココマイスターとは

ココマイスター(COCOMEISTER)は今でこそかなり有名革製品メーカとなっていますが、2011年に創設された比較的歴史の浅い会社のようです。会社名は”ココマイスター株式会社”ということでそのままですが、会社としての歴史は浅いですが、取り扱っている製品と技術について歴史を感じるクオリティかと。公式サイトこちらから。

所有している2品の比較

4年間で2つの財布を愛用させていただきました。以下写真は2020年時点の画像です。

それなりにエイジングが進んでいますが、カバンに入れて持ち歩くので状態は綺麗なものでしょう。

ココマイスター
ブライドルレザー(写真上)とナポレオンカーフ(写真下)

2製品のスペック比較をしていきます。

項目ブライドルレザーナポレオンカーフ
外寸10×19.5×2.3cm10×19.5×2.4cm
機能札入れ×2,
小銭入れ×1,
カードポケット×8,
フリーポケット×2
札入れ×2,
小銭入れ×1,
カードポケット×12
素材本体:ブライドルレザー
内装:ヌメ革
本体:ナポレオンカーフ
内装:ナポレオンカーフ
重さ190g190g
ダークネイビードリームフォース
ブライドルレザー、ナポレオンカーフ比較表

ナポレオンカーフグランドウォレットのほうが分厚さが0.1cmだけありますが、この差は大きい印象。

ブライドルレザーのほうがフリーポケットがある分自由度が高いですが、そんなに使用感に大差ない。

ブライドルグランドウォレット(2016~2018)

ブライドルグランドウォレットは、ブライドルレザーを外観に使っていて、内装はヌメ革です。

外側と内側の両方が同一素材のバージョンもあったはずですが、ヌメ革は結構好きです。

ココマイスター
-ブライドルグランドウォレット- 2016年購入時のピクチャ

私の購入したのはダークネイビーです。購入時は行けるならば店頭で購入することをお勧めします。

こちらの製品は個体差が非常に大きいのです。実際に店頭なら店にある在庫すべてを見せてくれて、その中から一番気に入った個体を選ぶことができます。私は4つのうちから選択しましたが、特にブライドルレザーは個々で表情がかなり異なりました。少しわかりづらいですが、表面の蝋(ロウ)が別物かと思うくらい違いました。

しかし、ロウの塗りが一番きれいなものを選択しましたが、普段使いで半年ほどすればロウは見えなくなります。

ナポレオンカーフアレクサンダーウォレット(2018~現在)

ナポレオンカーフアレクサンダーウォレットは、外観と内装ともにナポレオンカーフ(オイルドヌバック)という贅沢な仕様。

ココマイスター
-ナポレオンカーフアレクサンダーウォレット- 2018年購入時のピクチャ

このナポレオンカーフの最大の特徴は起毛仕立てな外観です。触ってみるとわかりますが、細かい毛がびっしりと生えているような印象さえうける質感です。結構言葉で説明しづらい。。

なかなか多く見ない質感と独特なデザインで他人との差別化はしやすい逸品かと。

ホームページに脅威のエイジングレザーと謳っているいるだけあって、本当にエイジングが楽しいです。めちゃくちゃ味がでるのでエージング好きにはおすすめ。

メンテナンス用品

メンテナンスに使っている品もご紹介します。

ココマイスターが純正のように推奨しているコロニル一式で教科書通りのメンテナンスをしております。

コロニル
コロニル(Collonil)製品一式
品名価格(公式)
クリーム1909シュプリームクリームデラックス2800円+tax
ブラシ1909ファインポリッシングブラシ3000円+tax
防水スプレーウォーターストップ(400ml)2200円+tax
クロスポリッシングクロス400円+tax
コロニル製品価格表

上記はいずれもコロニル製なので安心して使っていけます。公式ではなく楽天やAmazonを駆使すればここまで値は張らないです。

ブライドルレザーに関しては、クリームをいかに薄く均等に伸ばしていけるかがキーです。塗りすぎることでエイジングが進みすぎるのはNGだと考えていますので、少しうるおいが足りないかなと思ったタイミング良いかと思います。

ナポレオンカーフに関しては、最重要ポイントがあります。ナポレオンカーフは素材の特性上オイルがしっかりと含まれているので、外観についてはクリームを塗らないほうが良いです。一回目立たないところに塗ったところシミのようになったので、内装だけやっていきましょう。しかし外観は起毛が乱れることがあるので、ブラシで整えてあげると見違えるくらい綺麗になります。これまじで感動ものです。

以下に公式サイトのリンクは貼っておきます。

批評

今回は4年間使ってきたココマイスターの2財布についてご紹介しましたが、つるつるした質感でかっちり決めたい方にはブライドルレザーのほうがおすすめです。

一方で、エイジングを味わいたい、人とはちょっと違いを出していきたい方にはナポレオンカーフをお勧めする。

個人的には両方使ってみたところ、革感を味わえれるナポレオンカーフのほうが満足感が高かったといえるかな。

ココマイスターにはココクラブという無料の会員サービスがあり、物理的な故障には永年保障が付き、ポイントも付与されますので、末永く付き合っていけるメーカかと思いますし、その一方で無償で保障する自身があるように、造りがしっかりしています。本当に壊れないのでココクラブを発動したことがありません。

逆にデメリットを挙げるとすれば、地方には店舗がないことです。実物を見るためには都市圏に遠征を強いられるのがデメリットかな。ネットショッピングでも買えるのはありがたいが、やはりもっと地方にも手を伸ばしてほしいところ。

しかし、職人の数が限られていることを考えるとそれはまた難しいのかと思うとなかなか悩ましいです。

これからもココマイスターでエージングライフを楽しみたいと思います。ではこのへんで。

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share
目次
閉じる