iPadPro(2021)のSSD拡張は可能か?そして動画編集もできる!!

先日iPadPro(2021)の11インチ版を買いました。実はMac製品を使うのはiPhone6S以来という筆者です。

iPhoneはライトニング端子をずっと採用しているのが嫌で、Type-C対応したのはうれしかったですね。

前段は置いておいて、iPadProを買うにあたって、SSDの容量によって値段差が大きいので、そのあたり財布と相談して少し安めの容量で購入した人も多いのではないでしょうか。今回の記事は、PCのごとく後付SSDで容量を拡張することができるのかどうかを検証しましたのでその紹介をさせていただきます。

目次

iPadProの容量と価格について

まずはiPadProのSSD容量と価格についてのおさらいです。

iPad種類(2021)容量(ストレージ)価格
11インチiPad128GB94,800円
256GB106,800円
512GB130,800円
1TB178,800円
2TB226,800円
12.9インチiPad128GB129,800円
256GB141,800円
512GB165,800円
1TB213,800円
2TB261,800円
Apple公式サイトより引用(2021/8時点)

分かってはいましたが、最小容量の128GBと最大容量の2TBの価格差はかなり大きいです。11インチモデルでいうと、226,800円と94,800円という最小容量が2台買ってもおつりがかえってくるくらいの約13万円の差があります。これだけの差額があるということは多くの人は、財布との相談になってしまうのは明白ですね。

だからこそ、購入後の外付けSSDはぜひとも検討したい人が多いのではないでしょうか。

検証するSSDは安定のSamsung製SSD

SSDといえば信頼性が重要だと思っていて、そこはSamsungがこの業界では特筆しているのではないでしょうか。

製品概要

色々調査した結果、コスト面や信頼性を重視して以下の製品を選択して、今回の検証を行ってみます。

実際に購入した製品の画像は以下です。

アルミの筐体が結構高級感を醸し出してます。実際に手に持ってみても、ものすごく軽いです。

梱包の具合も安定感のあるケース入りで、輸送によるストレスにも耐えれられそうです。

製品スペックでいうと以下。気になる点だけを抜粋します。

項目情報
型番MU-PA500B (ブルー)
インターフェースUSB3.1(Gen.2、10 Gbps)
外形寸法
(W×H×D)
74 x 57.3 x 10.5 mm
本体質量51グラム
転送速度最大540MB/s
SSD T5の詳細スペック

インターフェースケーブルが非常に有能で、「USB TypeA to TypeC」と「 USB TypeC to TypeC 」の2本が同梱されています。これって結構(いや、かなり)重要です。最近Type Aすら搭載していない機器が多いですからね。

また、51gっていう軽量感も非常に優秀で、たとえるならMサイズの鶏卵1個と同じくらいらしい(笑)

とにかく軽いってことでGood!!

実際にiPadに接続して、動画を取り込む

ここからが本題。実際にiPadPro(2021)に接続していく。

youtuberを想定して、動画ファイルを事前にSSDにいれてあり、それをiPadpro内で編集するといったユースケースを想定しています。imovieって優秀だよね。

手順1 iPadProをSSDと接続する

portableSSD
iPadproとSSDを接続する

キーボードがあってもなくてもいいです。まずは接続するのみ。

手順2 Apple純正アプリ「ファイル」を起動する

Fileアプリ
ファイル アプリ

Apple純正なので誰でもインストール済のはずです。

手順3 SSDが認識されていることを確認する

2_Samsung_T5選択
SSDの接続確認

左に接続したSSDの名前がでてくるとOK.Samsungでなくても同じ手順でできるはずです。

手順4 iPadにコピーするファイルを選択する

3_select_to_copy
コピー対象のファイルを選択する

選択した画像は青色のナイキ(NIKE風)のチェックが入る。

手順5 iPadのコピー先フォルダを選択する

copyto
iPad内のコピー先フォルダを選択する

ここは「このiPad内」であればどこでもいいです。

手順6 iMovieで動画を開く

5_iMovieでopen
ファイルアプリ⇒iMovieで開くと編集可能

ここまでくるともうお手の物です。

こうやって開くと割と簡単にSSDからファイルを取り込んで動画編集できますね。iPadだけでもYoutuberになれちゃう時代ですもんね。

まとめ

いかがでしょうか。

iPadProはiPadやタブレット全般の王者といったところで、なかなか手が出ない人も多いはず。

今回の記事のようにSSDを購入することで気軽にデバイスの容量を追加できるので、最初は低容量のiPad本体を購入してコストを抑えつつ、足りなくなったらSSDを購入していくスタイルだと低価格でハイエンドモデルを購入することができるのでお勧めです。

iPadと外付けSSDの組み合わせでぜひ快適な動画編集ライフにも役立てていただけると幸いです。

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share
目次
閉じる