【ギアマニ製品レビュー】BRIEFING キャディバッグ EVEN別注

今回はキャディバッグのみならず、世間的に有名なミリタリーラゲッジメーカである

BRIEFING(ブリーフィング)さんのキャディバッグの製品レビュー、早速やっていきます。

※参考:こちらのメーカのコンセプトは以下のようにホームページに記載されています。

BRIEFINGは、1998年にミル・スペックに準拠した真の”ミリタリズム”を追求し、卓越した機能美を持つラゲッジレーベルとして開発されました。
BRIEFINGのデザインソースは”ミリタリー”のままであってはならない。
アメリカが本気で生み出す、強靭なパーツや最高峰の技術。この本質を理解し、その充分すぎるほどの機能を、どうタウンユースモデルに搭載し、どのようなスタイリングに仕上げるか、そして必要最小限のミニマムな機能として再構築することができるのか…
BRIEFINGのデザインワークは常にそこからはじまるのです。
BRIEFINGのモデル ラインナップは、洗練された様々なシーンを想定し、どのようなスタイルにもフィットできるように開発されています。
BUSINESS・TRAVEL・SPORT…..CAR・TRAIN・JET…..
これらのシーンにおける究極の選択は、常に『耐久性のある機能美』が存在していなければならない。
発売以来、BRIEFINGは世界中で最も厳しい目を持つお客様に選ばれる最高品質のラゲッジ・ブランドへと成長を遂げてきました。

出典:https://www.briefing-usa.com/concept

目次

外観

BRIEFING

※画像が縦長で申し訳ございません。

画像の通りパッと見た目でインパクトの大きいミリタリー柄です。

正式にはネイビーカモという色で、ネイビーカモフラージュっていう意味だと勝手に思っています。

BRIEFINGという文字はレッドで描かれており、EVEN別注モデルなので、EVENという鮮やかなイエローの刺繍が盛り込まれています。

サイズは9.5型で大きさも十分で、それでいて軽さもあります。

また、使用感としてはファスナーの動きも滑らかで爽快感があります。

反対側はこんな感じです。

こちら側にもBRIEFINGのロゴがありますね。

枠は、見て通り5分割となっており、クラブの出し入れがしやすいです。

素材もしっかりしているため、大切なギアをしっかり守ってくれるでしょう。

この辺は好みも分かれますが、細かく分割されすぎているとラウンド中にクラブの出し入れがスムーズに行えないため、これくらいの分割が多くの人に使いやすいのではないでしょうか。

このようにシューズを収納することさえできてしまう圧倒的な収納力です。

ここにシューズを入れる必要はないですが、ボールをいれるなりこれくらいの余裕があるのは何か便利だと思います。

色々荷物が多くなるタイプの人でも安心ですね。

いやー、何から何までさすがですBRIEFINGさん。

耐久性

新品の状態なのでわかりませんが、とりあえずつくりがしっかりしています。

1万~2万円程度のキャディバッグとは全くものが違いますね。

やはりこの辺はゴルフ向けのギアメーカーとはまた違って、ラゲッジに特化したメーカーだなといった印象です。

これなら多少の雨でも問題はなさそうですし、言ってしまえば

一生ゴルフライフに付き添うギアとなるようなレベルの一品だと思います。

すごいよかったですね!!管理人もほしくなりました。

※私の友人宅で触らせていただいたため。。(笑)

総評

これに関しては100点満点のギアといってしまってよいと思います。

最近はスタンド式のキャディバッグが多く出ており、世間的には流行りだと思いますが、

やっぱりカートタイプはいいっすね。

定番にして至高です。必ず一つはカートタイプがいいでしょう。

そして、初心者の人でもいずれうまくなるため、あとから買いなおすことのないよう

最高の一品を選んでいくとゴルフライフがより一層楽しくなると思います。

やっぱりクラブじゃないのでスコアに関係はありませんが、モチベーションがすごく上がりますし、

ラウンド時に後ろの組のゴルファーにも一目置かれる存在感のある製品だと思います。

BRIEFINGについて検討している方の参考になれば幸いです。

またどこかで私のキャディバッグもご紹介したいと思います。

【追記】

私のキャディバッグOGIOの紹介記事はこちら

以上

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share
目次
閉じる