止まらないカットスイング!どうすれば治るんだい

カットスイングすなわちアウトサイドインで悩んでいるので、そこんとこ書いていきます。

全然そんな風に打っているつもりなんてないのになんで・・・今回はカット軌道について考察します。

目次

カットスイング(カット軌道)とは

私はカットスイングに非常に悩まされています。そもそもそれってなんなのってところから説明します。

カットスイングとは、ボールに対してからだとは遠い方向からクラブヘッドが下りてきてインパクトを迎えることに起こりやすいといわれています。

この結果どうなるかというとボールはスライス方向への球筋となり、曲がりが小さい場合はフェードという呼ばれ方をしており、ドローと対極に使われている球筋となります。

フェードであれば全然OKなんですが、アウトサイドインでしかもフェーズが開いて当たった日には、ボールは林の中にまっしぐらです。隣のホールにも余裕で到達します。

たまらずファーのラッシュとなり、プレ4ですね(笑)

 

自己流解決策

ここで私の試した中での効果的だと思う方法を紹介します。

①狙いを右にする

これは私の試行錯誤の中では最も効果的です。

かなり理にかなっている方法だと思いますが、正面に打ちたいときは正面に打とうとするのが基本ですが、これはプレーンにスイングできて、狙い通りアドレスできている人だけの話。

カットスインガーはおそらくそんな風にできていないわけで、とにかく正面より右を狙うことです。

右に打とうとするとどうなるかというと。インサイドかヘッドを走らせてアウトに抜けていくしかないと思います。少なくとも右に打ちたいと思っていてアウトサイドから入れようとする者はいないはずです。

もともとがアウトサイドインを癖にしているゴルファーからすれば、それくらい極端な練習をすると、逆にちょうどいいです。

これ本当にアウトサイドインゴルファーには効きますので是非おためしあれ。

②フェースをアドレス時点で閉じる

これはラウンド中に発症した場合の暫定策ですが、最初からフェースを閉じることでその場しのぎをする方法です。

正直ださいのでやりたくないですが、ボールをなくさない、スコアをまとめるためにはやらざる負えない時があります。これもゴルフでしょう(笑)

 

③インパクト時に手首を返す

これはもろ刃の剣ですので、要注意ですが、アウトサイドインからインパクトを迎えるときに意識的に手首を返すと治せます。

しかし、思いっきりチーピンをかます可能性も高いです。こいつも暫定策として試す価値はありますが、おすすめ度は低めです。

 

まとめ

アマチュアゴルファーの自己流ですので、効果がないかもしれないですが、ぜひ参考にしていただければと思います。

結局自分も色々試していますが、それが定着しないんです。できた!!って思えたスイングを体に染み込ませて定着させていく必要があり、簡単に言うけどもすごく難しいです。。

逆にこんなのいいよって教えてくほしいです(笑)

私はこれを治すためにもGGスイングを取り入れようとしてますが、これまた難しい。。

とにかくゴルフを試行錯誤していくのって本当に楽しいですね。

練習場はラボです。とにかく研究していきましょう。

 

以上

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share
目次
閉じる