ゴルフボール選びは?結局何が一番いいの?ProV1の代替品は?

どうもライスナです。

本日はアマチュアゴルファーのボール選びについて独断で記事にしていきます。

また、高級ボールProV1/V1xの代替ボールの紹介までやっていこうと思います。

目次

ゴルフボールの選び方は

ゴルフボールはゴルフショップに行けば数十種類のものがラインナップされていますが、

実際どれを選べばいいのか全くわかりません。

中には1球500以上するものから、1球数十円の安価なロストボールまで多種多様です。

まずは選び方について意見していきます。

基準①:価格

アマチュアゴルファーとしてはやはり価格がまず第一でしょう。

いくら良いボールに巡り合えたとしても、消耗品である以上継続して使えないと意味がありませんよね。

財布に余裕が有り余っている場合は別ですが、現実のところできるだけ安くプレーしたい人が大多数だと思います!!いくつか具体例を挙げて説明しますので、自分の実力や志向に合うものを見つけてください。

ロストボール

本当にゴルフを始めたばかりの初心者向けとなっています。一言でいえば中古品です。

最初は本当にジャストミートする率が低いため、毎ホールでボールを紛失するなんてざらにあったりもします。

ゴルフ用品店では、大量に袋に包まれて500-1000円くらいの価格帯で売られていますので、

初心者はそれでゴルフを楽しむことができますので、まずはこれで十分だと思いますよ。

低価格帯の新品ボール

これは大手ゴルフメーカーさんから発売している中での、エントリーモデルを指しています。

もちろんそれぞれかっこいいモデルが多くて、2層(ツーピース)構造のボールが多いと思います。

具体的に商品としては、HONMAさんの「D1」やTitleistさんの「HVC-SOFT FEEL」などがその代表かなと思います。

基本的にはディスタンス系として呼ばれている飛距離重視のものが多かったりもします。

この価格帯では、競技ルールを無視したぶっ飛び系ボールも多くラインナップされていることがありますので、コンペなどで使用できるものであるかは十分に確認することをお勧めします。

高価格帯のゴルフボール

ここは価格無視で高級なボールを指します。

具体的に商品としては、世界中のプロゴルファーの大半が愛用するTitleistさんの「ProV1/V1x」やブリヂストンの「TOUR B」や、XXIO(ダンロップ)の「XXIO PREMIUM」などがその代表かなと思います。

とにかく価格帯は高くて、1ダースで5000-10000円くらいする場合もあります。

※その店のセール状況などで変わりますが・・・

とにかく見た目はかっこいいし、打感は抜群だし、握った感じ吸い付くような素材で美しいため、

そりゃ高いわっていう印象を受けることができる逸品です。

OBを打たない自信がつくまでは購入するのが厳しい財布事情ですかね。

基準②:デザイン

要は自分の好きなメーカーであったり、好きな会社であったり、好きな見た目であったりといった要因を指しています。

自分の好みではないボールを使ってもモチベーションアップにはつながらないですよね。

かっこいいと思えるデザインや色を取り扱っているのボールを大切に使用するのが

上達への近道かなと管理人的には思います。

基準③:打感

私はここの要素はかなり重要かと思っています。

打感というだけで、ヘッドスピードやレイヤ(層)の要素も含めて指したいと思います。

打感を語る前の前提としてスピン系ボールとディスタンス系ボールの分類を簡単に説明しておきます。(説明は後述)

ボールを選択するためには、各箱の裏面を確認すると、推奨のヘッドスピードが明記されているので、どなたでも簡単に確認することができますので、自分にあったボール(打感)を求めていくことが必要となります。

スピン系ボール

スピン系の特徴としては、柔らかい打感というのがあります。

打感が柔らかいというのは打った瞬間に気持ちいいものでヘッドスピードが若干遅めのかたに合っているという風に感じています。これは一概には言えませんが、特に女性ゴルファーなどはこのタイプが良いかと思います。

また、逆に操作性も高いといわれており、私はここに魅力を感じています。

私はPer3では必ずスピン系を使用しています。

ヘッドスピードが50以上の方は逆にスピン量が増えすぎて、ロスすることも多くなりますので、要注意です。

ディスタンス系ボール

ディスタンス系の特徴は、とにかく飛距離を稼ぎたい人向けで、打感はスピン系に比べて固い印象を受けます。

多くのアマチュアゴルファーはホンマさんのD1で飛距離を伸ばしているかたが多く、練習場の打ちっ放し用ボールより10ヤード以上距離が延びることもざらにあります。

しかし、女性のようにヘッドスピードが遅めの方にはその高反発を生かしきれないこともありますのでどんな方にでも飛距離を稼げるというわけではないので注意が必要です。

また、ディスタンス系はパターのときの飛距離が出やすいので、強気パットには要注意です。

レイヤ(層)

ボールには一般に2層構造のものから4層構造のものまでさまざまあります。まれに5層構造という製品まであります。

これはボールの中身にいくつ層があるのかというだけですが、これは打感にも重要な要素となってきます。

層が増えると一般に高級ボールとなる傾向があります。

アマチュア目線では、固い、柔らかい、気持ちいいといったもの打感が変わってくる程度の認識でよいのかと思います。

最強ボールProV1/V1xの代替品は

結局初心者の枠を超えたゴルファーともなれば、ProV1/V1xがあこがれのボールとなってきます。

PGAツアープロの多くが採用していることから高性能であることは自明でしょう。

がしかし、アマチュアには高級すぎるため、実用的な値段で同等の性能を持つボールを私の主観で3つ紹介します。

1位:BRIDGESTONE PHYZ PREMIUM

これはもうネットでゴルフボールを購入したことがある人ならば見たことがある人も多いでしょう。

1ダースで定価10000円超えの高級ボールではありますが、型が古いこともあり大幅値下げされた価格で販売されています。その額3000円程度です。

4ピース構造で、見た目もゴールドパールという何から何まで完璧です。

ディスタンス系でもあり、スピン性能も高いので、アマチュアゴルファーの味方だと思います。

2位:HONMA TW-X

これは1位とほぼ同順位としたいですが、デザイン面で2位としたボールです。

3ピース構造で定価は4000円程度ですが、ネットでは2000円台で購入することができます。

シンプルで打感、飛距離も共にバランスが良いです。

財布にも優しいので一度試していただいてもよいかと思います。

3位:Titleist VELOCITY

これは私の中では、HVCよりは高性能で、proV1よりは少しデザイン面で劣る中間ポジションですが、圧倒的にタイトリストブランドはかっこいいと思います。

これも2000円台でネット購入可能なので、試していきやすいのかと思います。

世界で一番使用されるタイトリストさんのボールなので、安定のバランスです。

飛距離性能も高く打感もそこそこ気持ちよく、価格も安いので普段使いに最適なボールだといえます。

まとめ

今回はボール選びから最高級ボールの代替品について意見させていただきました。

やはり、以下の3点は最大のポイントだと思いますので、

自分に合ったボールを少しづつ試しながら探して、最高の相棒を見つけられるとよいでしょう。

■3つのポイント

  • 続けられる価格
  • モチベーションアップのデザイン
  • 自分好みの打感

また、いいボールが見つかれば紹介していきます。

以上

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share
目次
閉じる