ゴルフに距離計は必須?おすすめと憧れの考察

本日は距離計についての考察です。

使用感やコスパ的な観点から語らせていただきます。

目次

ゴルフ用距離計とは

ゴルフ用の距離計とは、自分の立っている地点から目標している地点までの距離を計測する機械のことです。

目測で正確に測れる人はごくまれにいるのかもしれませんが、基本的には存在しないと思っています。

距離

みんなゴルフ場にある杭などに記載されている目印と風をなんとなく感覚的に読んで、番手選びを行っていることでしょう。

距離計の種類は

大きくわけてレーザータイプGPSタイプの2種類があります。

大手でいうとNikonやBushnell、GARMIN、ユピテルなど実に様々なメーカーが

しのぎを削っているのです。

レーザータイプ

レーザータイプはスコープをのぞき込むタイプで、目標点までの距離をレーザーを当てて計測するものです。これのメリット/デメリットは以下です。

■メリット

  • とにかく正確
  • 瞬時に計測可能
  • 計測する姿がかっこいい

私の感想としてはそんなイメージです。

逆にデメリットとして感じる点もあります

■デメリット

  • いいものは高価(手振れ補正付き、ブッシュネルなど)
  • 手振れ補正がない場合、コツが必要
  • 重い(腰にぶら下げる必要がある)
  • 目標が見えない場合は計測不可能

とにかく本気で取り組むなら正確性の強いこのタイプがおすすめではないでしょうか。

普段の練習場のヤード表示に疑問がある方はこれを使えば本当の距離がわかります。

このタイプを使用している人を見たら、マジだな~って本気感が伝わってきます。

GPSタイプ

GPSは、衛星を使用して距離を測るタイプで昨今のカーナビやスマホに用いられているような技術を盛り込んだものです。

その中でも、腕時計タイプとディスプレイを搭載しているタイプとあります。

これのメリット/デメリットは以下です。

■メリット

  • [腕時計]手軽でファッション感覚
  • [腕時計]普段使いとして腕時計としても使える
  • [ディスプレイ]軽くてスイングの邪魔にならない
  • [ディスプレイ]安価なものがある
  • [両方]慣れは不要。見るだけでOK

■デメリット

  • [両方]バッテリーの持ちが悪い
  • [両方]距離の誤差あり
  • [両方]ピンやエッジといった決まった場所しか計測不可

GPSタイプはファッション性や取り回しの良さが目立つように感じます。

ゴルフ場についたら電源をONするだけでほぼすべてのゴルフコースに対応します。

ただし、前日に充電を忘れてしまったりしたらもうおしまいで、

GPS機能を使うには消費電力が大きいということは使っていて最大のデメリットと感じました。

また、任意の距離を測ることができないという点も難点ですが、

アマチュアゆえにそんな数ヤード刻みの正確なショットは不可能だから、だいたいの距離さえわかればいいやって方にはぜひともおすすめです。

おすすめメーカーは

私が個人的に好きなメーカーを評価してみました。

TecTecTecだけは触ったことがないため、某有名YouTube time golfを参考にコメントさせていただきます。型番までは記載していませんので、あくまでご参考にしていただければと思います、

メーカー コスパ 評価
GARMIN(ガーミン) ★★★☆☆ 圧倒的おしゃれと信頼性。

その分コストは割高

YUPITERU(ユピテル) ★★★★★ 車載としては超有名ゆえに精度高い。

安価なモデルから高価なモデルまで幅広い

Bushnell(ブッシュネル) ★★★☆☆ 一流メーカーゆえに高精度と高品質。

ただし最も高価なブランド。財布との相談

Nikon(ニコン) ★★★★★ カメラとしての知名度と信頼感あり。

日本メーカの安心の品質でラインナップも幅広い

TecTecTec(テックテックテック) ★★★★☆ 本場米国Amazonで大ヒットの実績あり。

コスパもよさそう(触ったことない)

まとめ

距離計といっても様々な製品があるなか、決して安い買い物ではないため、

自分の専属キャディさんを決めると思っていい相棒と出会えればよいです。

私自身GPSタイプをよく使用していますが、これを忘れたときはほんとに打つのが不安でしょうがないくらい依存しています。

競技としては使用できるものとそうでないものもありますので使用用途にあった相棒選びの参考にしてください。

ちなみに私にお金が十分にあるならば、ブッシュネルがあこがれです。

また車好きの方なら、ぜひユピテルをおすすめです。車のレーダー探知機やドライブレコーダーをセットで購入することでより統一感が得られるはずです。

以上。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share
目次
閉じる